メンドクサー 申告目白押し メンドクサー
2017年1月10日

BIR
Annual Registration Fee (Form 0605) 1月31日
2316配布 1月31日
2316申告 2月28日
1604E 3月01日
1702 4月17日(*)

SEC
AFS 4月21日(*)末尾1,2
AFS 4月28日(*)末尾3,4
AFS 5月05日(*)末尾5,6
AFS 5月12日(*)末尾7,8
AFS 5月19日(*)末尾9,0

City Hall
Business Permit Renewal 1月20日
Community Tax Certificate (Cedula) 2月28日

PEZA
Certificate of VAT Zero-rating 1月31日
Certificate of Available Incentives 1月31日
Certificate of 5% Gross Income Tax 1月31日
Annual Tax Incentive Report 5月15日(*)

イミグレ
Annual Report 3月03日

DOLE
REPORT ON COMPLIANCE (13th Month) 1月15日

(*)Year Endが12月31日の企業の締め切りを記載

お年玉進呈(4)お年玉没収(1)

コメント (313)

謹賀新年
2017年1月2日

今年も成り行きで生きていきます。

よろしくお願いいたします。

DSC_2905

お年玉進呈(7)お年玉没収(2)

コメント (418)

年末年始の営業
2016年12月23日

下記の通りです
12月23日 (金)    ※林 午後から休暇
12月24日 (土) 休み 
12月25日 (日) 休み
12月26日 (月) 休み
12月27日 (火) (社員のみ出社)
12月28日 (水) (社員のみ出社)
12月29日 (木) (社員のみ出社)
12月30日 (金) 休み
12月31日 (土) 休み
1月1日 (日) 休み
1月2日 (月) 休み
1月3日 (火) (社員のみ出社)
1月4日 (水) (社員のみ出社)
1月5日 (木)   ※林 午後から出社

よろしくお願いします。

お年玉進呈(1)お年玉没収(0)

コメント (504)

銀行のオンラインが開通するまでが相変わらずグダグダ
2016年12月12日

申込書に、希望IDとパスワードを書く

数日後、ピンメーラーと呼ばれる、「初期パスワードを印字した封筒」を取りに来い、と連絡がある。

※ここが第1の難関で、これをスルーすると、もう二度と連絡は来ないので、一生オンラインが開通することは無い。

委任状を書いたりなんかして、ピンメーラーを無事ピックアップしたならば、「申込書に書いた希望ID」と、「ピンメーラーに印字されたパスワード」を入れてトライ→ここでつながる確率は1%。

「はいれねーよ」とメトロに電話する。

メトロ「システムからメールが届くから待て」

※ここが第2の難関で、来たメールがスパムだと思ってスルーすると、もう二度と連絡は来ないので、一生オンラインが開通することは無い。
※なお、この流れで分るように、「申込書に書いた希望パスワード」というのは、何の意味も無い。なぜなら必ず初期パスワードを指定されるから。
 かといって、希望パスワードを書かないと申請できない。謎。

数日待つと、システムからメールが来るので、「申込書に書いた希望ID」と「ピンメーラーに印字されたパスワード」で試みる。
ここでつながる確率が30%。

「はいれねーよ」とメトロに電話する。

メトロ「あ、IDは変えたわ。システムのメールに書いてあっただろ。それを使え」

システムのメールにIDが明記されていることもあれば、明記されていないこともある。どうやらテンプレが2種類あるっぽい。これも謎。

システムのメールにIDが明記されている場合、ここでつながる。確率60% → 終了。
システムのメールにIDが明記されていない場合、もう一度「はいれねーよ」とメトロに電話する。

メトロ「あ、ユーザーIDは今から言うぞ。&%#$%&%”」

つながる。→ 終了

実際には、

ユーザーである日本人
  ↓↑
その下で連絡役をやる社員
  ↓↑
銀行側の事務員
  ↓↑
銀行のオンライン部門

という連絡系統になる。
その誰もがよくわかっていないうえ、「ピンメーラー」だとか「メトロからのメール」とかつかみ所のない単語が出てきたり、そもそも「誰に何をいつ送られたのか」を全員、ハッキリと言わないので、かなりグダグダとなる。

結果、つながるとしても3週間から1ヶ月、多くの場合、つながらないままみんな忘れてしまうこととなる。

日本ではこういうことは、全く起きないのは、いったい何が違うのか?

※関係者の名誉のため銀行名は伏せさせていただきます

お年玉進呈(4)お年玉没収(1)

コメント (935)

ツイッター始めました。フィリピンのビジネスについて、毎日ツイート
2016年12月2日

VW_001

ビジネス一般
– 許認可全般
– 会社設立
– 賃貸契約
– 内装工事
– ビジネス・パーミット
– 店舗型ビジネス
– 税務署登録
– 銀行
– 税務・経理
– PEZA
– 労務
– ビザ
– 従業員のマネジメント

について 毎日、3時間おきくらいにツイート。
https://twitter.com/Shusei_Hayashi

お年玉進呈(5)お年玉没収(0)

コメント (604)

網戸の交換。寸法をはかるのに4回。のべ2ヶ月
2016年11月25日

10月5日
「網戸を交換してくれ」と、オーナーに連絡

業者がサイズを測りに来る

業者がサイズを測りに来る

業者がサイズを測りに来る

業者がサイズを測りに来る ←いまここ

フィリピンはこんな国ですがなにか

お年玉進呈(3)お年玉没収(0)

コメント (263)

【悲報】 日本人はジャパンレールパスを使うな
2016年11月14日

「ジャパン・レール・パス」の日本国内での試験発売およびご利用資格の一部変更について
https://www.westjr.co.jp/press/article/2016/11/page_9505.html

2017年3月31日をもって、日本国籍保有者への販売を終了となった。

悲しい。

フィリピンでSRRVビザを取得することの大きなメリットが、一つ消えた。

5年前、震災後の東北を訪れるのに、ジャパン・レール・パスで東北を往復した。

その時の旅行が、なぜか一番印象に残っている。

列車を使っての旅行には、飛行機や車での旅行とは異なった、格別な味がある。

大きな荷物をかかえた、けだるそうな帰省客で混雑する車両とか
こいつは何年ぶりに田舎に帰るんだろうか、とか

この冬は最後のジャパン・レール・パスを使い倒してやるぞと

お年玉進呈(4)お年玉没収(0)

コメント (587)

10月31日(月) 11月1日(火)は休みです
2016年10月28日

よろしくお願いいたします。

お年玉進呈(0)お年玉没収(6)

コメント (875)

フィリピンの税務申告は素晴らしい

フィリピンの税務申告をしていると、こういった訳の分らない疑問が次々と発生する。

明確に答えられる人はおらず、結局、いろいろな専門家に聞きまくって、「正しそうな奴」の意見をもとに、自分で決めていくしかない。

■家賃は源泉5%ですが、オーナーが「俺は納税してないんだから、TINナンバーなんて教えてやらない」と言って、TINナンバーを教えてくれません。 TINナンバーが分らなければ、源泉の報告をすることができません。
 どうすればいいですか。

■カーペットのクリーニングをそのへんのワーカーに依頼し、5,000ペソ払いました。
 2%源泉したいのですが、TINナンバーはおろか、名前も分りません。
 TINナンバーが分らなければ、源泉の報告をすることができません。
 どうすればいいですか。

■美容室を経営しています。すべてのVAT売り上げは、顧客のTINナンバー、住所を記載しなければなりません。
 お客さんのTINナンバー、住所なんて、いちいち聞いていません。
 どうやって申告すれば良いですか。

■従業員が病院に行き、5,000ペソ使いました。
 会社の福利厚生の一環で、その5,000ペソは会社が負担します。
 この5,000ペソ、どう申告すれば良いですか。

■最低賃金労働者にもDe-minimisベネフィットは認められるのでしょうか。

■税金の支払いに1日でも遅れると、Surcharge、Compromize、Interesetを取られます。
 Surcharge、Compromizeって、いったいなんですか。

■PEZAですが、ある支払いでVATを払いました。このVAT、どう記帳すれば良いのでしょうか。
 丸ごと経費に突っ込んで良いでしょうか。それともVAT分はInput Vatとして資産計上するのでしょうか。

■PEZAですが、弁護士費用の支払いでVATを払わされました。
 いわく「PEZA事業と関係ないからVATがかかる」
 そんなのアリでしょうか?うちの会社はPEZA事業しかしておらず、すべての活動はPEZA事業に関連しているのですが。

■一般企業です。ある支払いでVATを払いました。でも、「オフィシャルレシートに不備があるため、Input Vatとして認められない」と会計士に言われました。じゃあ、この払ったVATはどう記帳すれば良いのですか。丸ごと経費で良いでしょうか。それでもやっぱり資産計上するのでしょうか。

■そうこうしているうちにInput Vatが50万ペソも貯まってしまいました。
 国内の売り上げが無いので、相殺できる見込みがありません。資産価値も無いのに、このまま一生、累積させ続けるのでしょうか。

■ある従業員が、30日NOTICEを無視して辞めやがりました。会社として、どういう制裁を加えられますか。

■従業員の源泉徴収のサマリー提出1604CFは12月31日締め、1月31日提出です。
 Fiscal Yearを採用している場合は、そのFiscal Yearで締めて申告するのでしょうか。
 そうじゃないと、ITRやFSと照合できませんよね。

■法人を12月1日に設立しました。
 しかし4月になった今も、税務署登録はまだ終わっていません。
 去年の決算報告書を出す必要があるのですが、そのためには先に税務署にも決算を提出する必要があります。
 だけど税務署登録が終わっていないので、決算を受け付けてくれず、にっちもさっちも行きません。どうすれば良いのでしょうか。

■法人を10月1日に設立しました。税務署登録は終わっていません。
 その間、家賃50万ペソを、5%を源泉して支払いました。税務署登録前であっても、この徴収した5%は納税しなければならないのでしょうか。

答えは、自分できめてください

お年玉進呈(0)お年玉没収(0)

コメント (29)

娘たちが初の東京旅行
2016年10月23日

18441

これは、どうなのか。

お年玉進呈(0)お年玉没収(1)

コメント (242)

  • RSS | コメントRSS