フィリピン人が右折する時の回転半径がでかい理由
2017年3月27日

長年の疑問だ。

フィリピン人は右折するとき、めっちゃ大きく回る。

右側をガバガバにあけて、2車線目まで入り込んでくる。

たとえば私が片側2車線の道路を走行しているとする。

右から車が右折してくる。

その車たちは、例外なく、まったくステアリングを切らずに、車の向きも直角のまま、車体を半分まで突っ込んでくる。

最初から、2車線とも流れを止めて、2車線目まで突っ込んでくる気満々である。

もちろん、右折した後で、すぐに内側の車線に変更しなければならないような状況ではない。

日本ではまず見ることのない、特殊な角度だ。

社員の中に、ドライビングスクールで練習を始めた女性がいたので、ついでに聞いてみた。

すると、衝撃の答えが。

「ドアミラーの位置と曲がり角が一致した時から、ステアリングを切り始めるように教わっている」

これが理由かもしれない。

考えられる別の理由としては、「全部の流れを止めないと曲がるのは危ない」

全部流れをとめてからゆっくり曲がる

というクセがついているのか?

あの曲がり方は、まじでやめてほしい。

お年玉進呈(0)お年玉没収(0)

コメント (4)

ついにPyroll+HRシステムの決定版か?
2017年3月3日

いままで、いろんな会社がPayrollシステムを作ってきたが、どれもたいして使われないうちに消滅。

これも同じなんだろうなぁと思っていたら、かなり作り込まれていた。

Payrollシステムの方は、フィリピンの税法や社会保障事務所に完全対応。

しかも各種レポートまで自動生成(するらしい)。

担当者いわく「アルファリストまで作ります」

意地悪な質問のつもりで「DATファイルまで作ったりしないの?」

と聞いたら、「できます。」と。

DATファイルという言葉が通じるというだけで驚きだ。

HRシステムの方は、休暇申請やら、残業申請やら、警告書をアップロードできたり、そんな感じ。

要は今まで事務のヤツの机にグッチャグチャに放り込んであった書類を、全部収納してくれる感じか。

これらのシステムは、海外で使われていたものをローカライズしたのではなく、フィリピン発。

アメリカ帰りの賢いフィリピン人が、どこかの企業のために作り上げたのを製品化したらしい。

昨日、契約したばかりで、今はまだセットアップ中。

これでやっと自作のクソプログラムを捨てられる。

これに合わせて、うちも指紋認証機を今頃導入した。

お年玉進呈(1)お年玉没収(0)

コメント (536)

オフィスグリコならぬオフィス日本食
2017年3月1日

面白いことをやる人もいるもんだ

契約をすると、専用の冷蔵庫を置いてくれる。

毎週、パックされた日本食を置いていってくれる。

費用は、基本料金+消費したパック数の代金。

お試し50食が無料というので、早速申し込んだ。

まとめて作って、まとめてデリバリーなので、確かに店舗よりもはるかにオペレーションは容易だ。

これを毎月10食以上食べている社員に限り医療保険のカードを提供、という風にしたらいいかも。

お年玉進呈(3)お年玉没収(0)

コメント (16)

メンドクサー 申告目白押し メンドクサー
2017年1月10日

BIR
Annual Registration Fee (Form 0605) 1月31日
2316配布 1月31日
2316申告 2月28日
1604E 3月01日
1702 4月17日(*)

SEC
AFS 4月21日(*)末尾1,2
AFS 4月28日(*)末尾3,4
AFS 5月05日(*)末尾5,6
AFS 5月12日(*)末尾7,8
AFS 5月19日(*)末尾9,0

City Hall
Business Permit Renewal 1月20日
Community Tax Certificate (Cedula) 2月28日

PEZA
Certificate of VAT Zero-rating 1月31日
Certificate of Available Incentives 1月31日
Certificate of 5% Gross Income Tax 1月31日
Annual Tax Incentive Report 5月15日(*)

イミグレ
Annual Report 3月03日

DOLE
REPORT ON COMPLIANCE (13th Month) 1月15日

(*)Year Endが12月31日の企業の締め切りを記載

お年玉進呈(5)お年玉没収(1)

コメント (313)

謹賀新年
2017年1月2日

今年も成り行きで生きていきます。

よろしくお願いいたします。

DSC_2905

お年玉進呈(8)お年玉没収(2)

コメント (418)

年末年始の営業
2016年12月23日

下記の通りです
12月23日 (金)    ※林 午後から休暇
12月24日 (土) 休み 
12月25日 (日) 休み
12月26日 (月) 休み
12月27日 (火) (社員のみ出社)
12月28日 (水) (社員のみ出社)
12月29日 (木) (社員のみ出社)
12月30日 (金) 休み
12月31日 (土) 休み
1月1日 (日) 休み
1月2日 (月) 休み
1月3日 (火) (社員のみ出社)
1月4日 (水) (社員のみ出社)
1月5日 (木)   ※林 午後から出社

よろしくお願いします。

お年玉進呈(1)お年玉没収(0)

コメント (504)

銀行のオンラインが開通するまでが相変わらずグダグダ
2016年12月12日

申込書に、希望IDとパスワードを書く

数日後、ピンメーラーと呼ばれる、「初期パスワードを印字した封筒」を取りに来い、と連絡がある。

※ここが第1の難関で、これをスルーすると、もう二度と連絡は来ないので、一生オンラインが開通することは無い。

委任状を書いたりなんかして、ピンメーラーを無事ピックアップしたならば、「申込書に書いた希望ID」と、「ピンメーラーに印字されたパスワード」を入れてトライ→ここでつながる確率は1%。

「はいれねーよ」とメトロに電話する。

メトロ「システムからメールが届くから待て」

※ここが第2の難関で、来たメールがスパムだと思ってスルーすると、もう二度と連絡は来ないので、一生オンラインが開通することは無い。
※なお、この流れで分るように、「申込書に書いた希望パスワード」というのは、何の意味も無い。なぜなら必ず初期パスワードを指定されるから。
 かといって、希望パスワードを書かないと申請できない。謎。

数日待つと、システムからメールが来るので、「申込書に書いた希望ID」と「ピンメーラーに印字されたパスワード」で試みる。
ここでつながる確率が30%。

「はいれねーよ」とメトロに電話する。

メトロ「あ、IDは変えたわ。システムのメールに書いてあっただろ。それを使え」

システムのメールにIDが明記されていることもあれば、明記されていないこともある。どうやらテンプレが2種類あるっぽい。これも謎。

システムのメールにIDが明記されている場合、ここでつながる。確率60% → 終了。
システムのメールにIDが明記されていない場合、もう一度「はいれねーよ」とメトロに電話する。

メトロ「あ、ユーザーIDは今から言うぞ。&%#$%&%”」

つながる。→ 終了

実際には、

ユーザーである日本人
  ↓↑
その下で連絡役をやる社員
  ↓↑
銀行側の事務員
  ↓↑
銀行のオンライン部門

という連絡系統になる。
その誰もがよくわかっていないうえ、「ピンメーラー」だとか「メトロからのメール」とかつかみ所のない単語が出てきたり、そもそも「誰に何をいつ送られたのか」を全員、ハッキリと言わないので、かなりグダグダとなる。

結果、つながるとしても3週間から1ヶ月、多くの場合、つながらないままみんな忘れてしまうこととなる。

日本ではこういうことは、全く起きないのは、いったい何が違うのか?

※関係者の名誉のため銀行名は伏せさせていただきます

お年玉進呈(4)お年玉没収(1)

コメント (935)

ツイッター始めました。フィリピンのビジネスについて、毎日ツイート
2016年12月2日

VW_001

ビジネス一般
– 許認可全般
– 会社設立
– 賃貸契約
– 内装工事
– ビジネス・パーミット
– 店舗型ビジネス
– 税務署登録
– 銀行
– 税務・経理
– PEZA
– 労務
– ビザ
– 従業員のマネジメント

について 毎日、3時間おきくらいにツイート。
https://twitter.com/Shusei_Hayashi

お年玉進呈(5)お年玉没収(0)

コメント (604)

網戸の交換。寸法をはかるのに4回。のべ2ヶ月
2016年11月25日

10月5日
「網戸を交換してくれ」と、オーナーに連絡

業者がサイズを測りに来る

業者がサイズを測りに来る

業者がサイズを測りに来る

業者がサイズを測りに来る ←いまここ

フィリピンはこんな国ですがなにか

お年玉進呈(3)お年玉没収(0)

コメント (263)

【悲報】 日本人はジャパンレールパスを使うな
2016年11月14日

「ジャパン・レール・パス」の日本国内での試験発売およびご利用資格の一部変更について
https://www.westjr.co.jp/press/article/2016/11/page_9505.html

2017年3月31日をもって、日本国籍保有者への販売を終了となった。

悲しい。

フィリピンでSRRVビザを取得することの大きなメリットが、一つ消えた。

5年前、震災後の東北を訪れるのに、ジャパン・レール・パスで東北を往復した。

その時の旅行が、なぜか一番印象に残っている。

列車を使っての旅行には、飛行機や車での旅行とは異なった、格別な味がある。

大きな荷物をかかえた、けだるそうな帰省客で混雑する車両とか
こいつは何年ぶりに田舎に帰るんだろうか、とか

この冬は最後のジャパン・レール・パスを使い倒してやるぞと

お年玉進呈(4)お年玉没収(0)

コメント (587)

  • RSS | コメントRSS