10月31日(月) 11月1日(火)は休みです
2016年10月28日

よろしくお願いいたします。

お年玉進呈(0)お年玉没収(6)

コメント (875)

フィリピンの税務申告は素晴らしい

フィリピンの税務申告をしていると、こういった訳の分らない疑問が次々と発生する。

明確に答えられる人はおらず、結局、いろいろな専門家に聞きまくって、「正しそうな奴」の意見をもとに、自分で決めていくしかない。

■家賃は源泉5%ですが、オーナーが「俺は納税してないんだから、TINナンバーなんて教えてやらない」と言って、TINナンバーを教えてくれません。 TINナンバーが分らなければ、源泉の報告をすることができません。
 どうすればいいですか。

■カーペットのクリーニングをそのへんのワーカーに依頼し、5,000ペソ払いました。
 2%源泉したいのですが、TINナンバーはおろか、名前も分りません。
 TINナンバーが分らなければ、源泉の報告をすることができません。
 どうすればいいですか。

■美容室を経営しています。すべてのVAT売り上げは、顧客のTINナンバー、住所を記載しなければなりません。
 お客さんのTINナンバー、住所なんて、いちいち聞いていません。
 どうやって申告すれば良いですか。

■従業員が病院に行き、5,000ペソ使いました。
 会社の福利厚生の一環で、その5,000ペソは会社が負担します。
 この5,000ペソ、どう申告すれば良いですか。

■最低賃金労働者にもDe-minimisベネフィットは認められるのでしょうか。

■税金の支払いに1日でも遅れると、Surcharge、Compromize、Interesetを取られます。
 Surcharge、Compromizeって、いったいなんですか。

■PEZAですが、ある支払いでVATを払いました。このVAT、どう記帳すれば良いのでしょうか。
 丸ごと経費に突っ込んで良いでしょうか。それともVAT分はInput Vatとして資産計上するのでしょうか。

■PEZAですが、弁護士費用の支払いでVATを払わされました。
 いわく「PEZA事業と関係ないからVATがかかる」
 そんなのアリでしょうか?うちの会社はPEZA事業しかしておらず、すべての活動はPEZA事業に関連しているのですが。

■一般企業です。ある支払いでVATを払いました。でも、「オフィシャルレシートに不備があるため、Input Vatとして認められない」と会計士に言われました。じゃあ、この払ったVATはどう記帳すれば良いのですか。丸ごと経費で良いでしょうか。それでもやっぱり資産計上するのでしょうか。

■そうこうしているうちにInput Vatが50万ペソも貯まってしまいました。
 国内の売り上げが無いので、相殺できる見込みがありません。資産価値も無いのに、このまま一生、累積させ続けるのでしょうか。

■ある従業員が、30日NOTICEを無視して辞めやがりました。会社として、どういう制裁を加えられますか。

■従業員の源泉徴収のサマリー提出1604CFは12月31日締め、1月31日提出です。
 Fiscal Yearを採用している場合は、そのFiscal Yearで締めて申告するのでしょうか。
 そうじゃないと、ITRやFSと照合できませんよね。

■法人を12月1日に設立しました。
 しかし4月になった今も、税務署登録はまだ終わっていません。
 去年の決算報告書を出す必要があるのですが、そのためには先に税務署にも決算を提出する必要があります。
 だけど税務署登録が終わっていないので、決算を受け付けてくれず、にっちもさっちも行きません。どうすれば良いのでしょうか。

■法人を10月1日に設立しました。税務署登録は終わっていません。
 その間、家賃50万ペソを、5%を源泉して支払いました。税務署登録前であっても、この徴収した5%は納税しなければならないのでしょうか。

答えは、自分できめてください

お年玉進呈(0)お年玉没収(0)

コメント (29)

娘たちが初の東京旅行
2016年10月23日

18441

これは、どうなのか。

お年玉進呈(0)お年玉没収(1)

コメント (242)

辞めろや。
2016年10月21日

ひとつのしくみを作るということは
本当に本当に大変なことだ。

今月は経理チームの社員に、6コマの会計・税務セミナーを受けさせる。
1コマだいたい3,000ペソかかる。

すると事務の社員から、こういうメッセージが来た。

「転職先を探しているような社員が、あんなに多くのセミナーに、会社の費用で参加するのは不公平では?」

「まあそうだけど、じゃあ、『あなた辞めますか』って聞くのか?
 仕方ねーじゃん」

「ボーナスと同じで、退職した場合は返金のアグリーメントがいるのでは」

たしかにそうだ。
セミナーにお金をかけて、サーティフィケイトをもらって、それをひっさげて翌月やめられたんでは面白くない。

ということで早速、「6ヶ月以内に退職した際は按分で返金」というアグリーメントを作った。

いわば踏み絵だ。たった6ヶ月。良心的だ。

そしたら、来やがった。

「私はセミナー受けません。」

と、経理チームのリーダー。

優秀。手が動く。早い。
しかし、性格が悪いらしく、できない子チームからは総スカン。
過去に、自分と部下の打刻データを改ざんするという不正も行っている。

以前から、せっせと大手の面接を受けているみたいだし、辞める気満々なんだろう。

しかし私は、CPA試験で忙しかったのと、しくみも十分にできていないため、その人物に頼らざるをえなかった。
打刻データ改ざんに対しても、警告書1枚で終了とした。辞められては困るから。

しかし、もう試験も終わったし、手間のかかる案件も終わった。

たった6ヶ月の在籍も約束できない、セミナー代を1ペソも負担したくない気持ちでこの仕事やってんだったら

辞めろや。

あした辞めろや。ヴォケが。

残った、できない子チームだけで、全社の確定申告から決算書まで内製してやるわい。

事業を継続する。それには徹底的なテンプレ化しかない。

業務の9割をテンプレ化できれさえすれば、社員が小学校卒であっても、仕事は回る。

お年玉進呈(2)お年玉没収(0)

コメント (159)

グダグダDOLE 平常運転
2016年10月13日

2015年の8月にDOLEがAEPについてのメモランダムを出した。

下記の者はAEP不要
1:日々のオペレーションに参加せず、議決権だけを行使する経営側の人間
2:約款で定められている役員(たとえば、社長、秘書、財務役)

これで日系企業は、いつものように軽~く大混乱。

DOLEに行くと「社長はAEPは要らない」で、突然、AEPを発行してくれなくなってしまった。

イミグレに行くと
「AEPを先に取ってこいやヴォケ」

「社長には発行してくれないんでちゅ」
と言えば、イミグレは
「発行しないってレターをDOLEから取ってこいや」
となる。

いくらDOLEの窓口が「AEP不要」と言っているとしても、横の連携がまったく無いフィリピン。
いろいろな場面で困ることが出てくる。

結局、私のところでは、AEPは取得しといたほうがよかろう、ということで、申請書には「社長」とは書かずに、「Operation Manager」としてAEPを取り、ビザを取得してきた。

そもそも、海外で言う「社長」というのは、コーヒーをすすりながら役員の連中と重要事項を決定しているやつらの中心人物のことを言う。
役員会で年に1回、投票で選出されるのが、「社長」
おれらみたいに、社畜となって日々のオペレーションに参加しまくって給料をもらっているやつは、「社長」ではなく「オペレーション・マネジャー」。

このように、使い分けるべきなのである。

と思っていたら、今年の7月に、またメモランダムが出ていたらしい。

「社長も秘書も、給料をもらってたら、AEP必要だかんな」

ほら、元に戻った。

グダグダDOLE。

社長がビザを取りたいときは、AEPの申請をするときは、「社長」とは書かずに「オペレーション・マネジャー」と書けば良いのである。

お年玉進呈(3)お年玉没収(0)

コメント (299)

ネットワーク落ちた♪♪♪
2016年10月3日

11時頃、ネットワークが落ちた。

フィリピンの場合、思いつく原因がありすぎる。

さっき来てたお客さんのスマフォが固定IPで、うちの機器とダブったか?(これ実際にあった)
10階と12階をつなぐケーブルがネズミにかじられたか?
GLOBEのモデムがぶっ壊れて、何かおきたか?
停電で、ファイルサーバーが壊れたか?
スイッチが壊れたか?

とりあえず、仕事は止めないようにとバックアップで凌いだが、半分しか稼働させられなかった。

ネットワークの保守をお願いしているノダっちにやっとのことで連絡を取る

「スイッチのランプが、一斉に高速で光っているようなときはルーピング」
「どこかのLANをスイッチから抜くとつながるってのは、まさしくルーピング」
「11時頃、何か、イベントありませんでした?
 え?パソコンの配置換え?
 それですそれ。その島をとりあえず隔離して」

その島(事情があって私の管轄外)をネットワークから隔離、サーバーを再起動したら、直った。

5時間かかった。

汗だく

仕事もだいぶ止まった。

備忘録として書いておくと、ルーピングが起きると、
・ネットが異常に遅くなる。だけど全くつながらないわけではない。
・ファイルサーバーにはつながらなくなる。
・ネットワーク全体が、一斉に死ぬ
・普段から、スイッチの点滅具合をよーく目に焼き付けておくことは重要

ネットワークが落ちると、どれくらい途方に暮れるかというと

全部ほったらかして、おにぎりでも食って、帰っちゃおうかな。って思うくらい。

ちなみに私は、コマンドプロンプトからpingを打つくらいの知識しか無い

お年玉進呈(1)お年玉没収(0)

コメント (556)

itunes 映画 再生 腹立つ
2016年9月28日

VW_000

 

このボタン 「次のチャプターに進む・戻る」 だと思うじゃんか

ちがうんだわ

「次の映画」を再生しやがる

 

appleのクソ仕様

こんなボタン

全く必要ない

ある日

映画をいっぺんに6つレンタルした状態で

矢印を何度も押してしまい、

すべての映画を順番に再生開始してしまった

気づいたときには遅かった

再生を開始すると48時間以内に見なければならない

2本は見たが

4本は見ずに捨てた

おれの1200円

返せ

お年玉進呈(4)お年玉没収(0)

コメント (219)

スマフォはHUAWEI、冷蔵庫はLG、車はトヨタ、配偶者は愛知県
2016年9月24日

我が家に念願の冷蔵庫がやってきた。

これは嬉しい

19669 19671

人生で冷蔵庫を買ったのは2回目。

1台目は、結婚した時に買ったのだが、すぐフィリピン赴任になってしまったので日本に置いてきてしまった。

この冷蔵庫は、

自動製氷なし
冷水機能なし
切れる瞬冷凍とかそんなの一切なし

ただ冷やすだけのでかい箱。

そのかわり電圧が130Vから300Vまで振れてもなんとかなるとか、
冷水とか製氷とか壊れやすい複雑な機構なし

というセールストークにハートを掴まれてしまった。
さすが、アジアに展開している家電メーカーはよくわかっていらっしゃる。

フィリピンでは自動製氷機能つきのモデルは少ない。あるにはあるが、それだけで10万円アップになる。

氷なんてメイドに作らせればいい。
それにどうせメイドがガチャガチャいじくって、「アイッ」とかいいながら、壊すだけ。
もし壊れたら、どうせ修理なんてできないし、残りの耐用年数期間は、その製氷機の部分が邪魔になる。

という考えなのだろう。

5店舗くらい見て回って、結局、MAKATIのANSONで買った。ここがダントツで安かった。

これで15年は安心。

 

お年玉進呈(4)お年玉没収(1)

コメント (211)

USCPA 4科目合格・・・
2016年9月11日

いわゆるUSCPA試験4科目にやっと合格した。

VW_000

つらい戦いだった。
監査論で2回落ちたので、6回目での合格だった。

最後の半年は、午後9時に帰宅、12時から朝の3時か4時まで勉強をし、朝の10時ごろに起きるという生活になってしまった。
出社は11時か12時という日が続いた。
会社でもスキマ時間を使ってやろうと思い、あの電話帳のような本を持って毎日出社したが、開く時間など全くなかった。

それでも仕事を止めずに、しっかりきっちり回してくれたフィリピン人スタッフ、特にリーダーたちには感謝である。CADも、経理も、本当に頼れる奴らばかりなので、勉強に集中することができた。
娘たちの宿題の面倒はかみさんに押しつけた。
そんな状態で我慢してくれた家族にも感謝である。

本当は、「父親が机で勉強すれば、娘も机に向かうのでは?」という理由もあって始めたところもあるのだが、
「うるせー、勉強してんだ、話しかけんじゃねー!」
「なんでもかんでも、とーちゃんに頼むんじゃねー!自分でやれーーっ!」
とだんだんオラつきモードになってしまい、娘たちにも迷惑をかけた。

私は工学部出身のため、有効な会計単位はゼロ。
必要な単位をとるところから始めたため、2年間もかかった。
2014年の年末、日本に帰省したときはじめてFARという厚さ6センチの書籍を手にし、ロイヤルホストで1ページ目を開いたのを覚えている。

私の会社の正式名称は
Offshore Cad & Management Inc. という長ったらしい名前だ。
9年前に設立したときから社名は変えていない。
CADとマネジメントの2つを柱にしようと思い、こういう社名にした。

最初にCADの方を立ち上げた。AutoCADで走らせるAutoLISPプログラムの開発と、社員教育に心血を注いだ。
CADの仕事が入り出すと、朝は図面の指示、夜は納品で忙しくなった。

しかし昼間がヒマ。
ヒマなのは我慢できない。
この時間を利用して、次はマネジメントの方(社名のうしろ半分)に関わる何かをしたい。
だけどマネジメントって、どうやってお金をもらうのかよく分らないまま時が過ぎる。
実は、会社を設立するのが会計士や弁護士の仕事だというのも、このときはよくわかっていなかった。

ぱらりんぱらりんとビジネスの相談を受けるうち、お客さんから
「経理も頼めればねぇ」という声が聞こえるようになった。
しかし専門外なので手を出せない。

ある日、フィリピンの会計ファームの会計士からクラウド型の会計ソフトウェアの存在を知らされる。
「これがあるなら仕組化できる」
「資料を見て、ルールを決めて、突っ込む。本質的にCADと一緒じゃんか」
と気づいた。
自社の経理データを2年分、自分で入れてみて、使い方を習得した。
それが終わった段階で、無謀にも経理代行の仕事も取り始めた。
全資料完全スキャン、シリアルナンバー方式、小切手預かりなど独自の仕組みを構築してなんとか回るようになった。

仕事が増えるにつれ、顧客の日本側の財務部や経理部の人や、フィリピンの監査法人とのやりとりが増えてきた。
さらに進出したての企業は、1期目の立ち上げの段階というのは、法務、事業許可、税務、労務、ビザ、と膨大な問い合わせが発生する。店舗系ならさらに内装工事。
これらのすべてに対し、大きくは間違わないように答え、導いていかなくてはならない。

さすがに専門資格を取っておかないと、格好が悪い。
そして事業の今後の深掘りを考えると、無資格で続けるわけにはいかない。
プロアクティブという専門学校の通信コースを申し込んだのがちょうど2年前。

正確には、あと30単位を取らないとワシントン州のライセンスをもらえないので、まだ数ヶ月は続くのだが、実質的にはこれで完了。

これでやっと社名が完成。

なので明日は鰻重。
とーちゃんは、まだ食べたことがない特上で。

お年玉進呈(12)お年玉没収(0)

コメント (262)

REGを受けてきた
2016年9月9日

米国公認会計士の4科目め

REGの受験してきた。
REGはアメリカの税法、商法。

報告は以上です。

お年玉進呈(2)お年玉没収(0)

コメント (50)

  • RSS | コメントRSS